自分らしいバイクを見つけよう!バイクの種類をご紹介

最もオーソドックスな「ネイキッドタイプ」

ネイキッドタイプは、最もオーソドックスなタイプのバイクです。ネイキッドとは、英語で裸という意味で、その名の意味するとおり、カウルなどがついておらず、エンジンがむき出しの見た目が特徴です。教習所などで使用されているタイプが、ネイキッドタイプです。ネイキッドは、目的がはっきりしているわけではなく、極端に前傾姿勢になるわけでもないので、初心者でも乗りやすいバイクです。

ロングツーリングの多い人にお勧め「ツアラータイプ」

ツアラータイプは、カウルのついたタイプのバイクです。一般的にはフロントカウルとサイドカウルがついています。フロントカウルが風を遮ってくれますので、体に強い風が当たることもなく、長距離を走っても疲れないのが特徴です。また、バイクによってはサイドカウルによって脚が隠れますので、脚が寒いという思いもしないで済みます。このタイプの弱点を強いて挙げるとすると、バイクが重くなりますので、取り回しが若干大変になります。

格好良くキメたいなら「レーサーレプリカ」

レーサーレプリカは、GPレースなどで活躍している車両のカラーリングを模倣して作られたスーパースポーツバイクです。一般的には、ツアラーと同様にフルカウルがついていますので、風の抵抗を体で受けることは余りありません。ただし、スポーツバイクとなるので前傾姿勢となり、長距離を走るには体に負担が大きいかもしれません。

ダートを走るなら「オフロード車」

オフロード車は、舗装路以外のダートなどを走ることを前提として開発されたバイクです。舗装路を走る場合には、他のネイキッドやツアラーなどと比較すると、グリップ力に劣りますが、強力なサスペンションが搭載され、ダート用のタイヤが装着されていますので、ダートを安定して走ることができます。

バイクのカスタムに工夫をするにあたり、マフラーや車体などの改造の方法にこだわることで、各自の目的を達成することができます。