大人の音楽教室でアルトサックスを習いました

一目ぼれした美しい楽器

サックスを習い始めた動機は、よく買い物に行っていた家電量販店の中に楽器店があり、その陳列ケースにサックスが飾っていて毎回通るたびに美しい楽器だと思っていました。サックスを習い始めたのは、知人がヤマハの音楽教室でギターを習い始め、知人から誘われて、サックスを習い始めました。音楽教室の先生の話では、まともな楽器は30万円程度からということでした。メーカーは、セルマーやヤマハなどカタログを取り寄せたり、ネットで調べたりしましたが、その美しさにだんだんと魅了されてきました。

大人の音楽教室でアルトサックスを習う

音楽教室は最初は個人レッスンで初歩的なことを習い、その次に、3人程度のグループでサックスを習い始めました。それにつれサックスで演奏される曲を聴き始めました。特にキャノンボール・アダレイとケニー・Gをよく聴いていました。教室の方では、数小節でも馴染みのある吹けると嬉しいものでした。熱心な人は自宅で練習を重ねどんどんと上手くなっていきました。上手くなった人は、その人の力に応じたクラスやグループに変更できますので、モチベーションもあがります。

自分でも練習用の教則本を購入し、また楽譜の本屋でみるようになっていきました。自分の好きなケニー・Gの曲を初心者にアレンジした曲が吹けるようになったのも楽しい経験でした。

教室に通っているうちに、その地域で有名なジャズ喫茶を教室で借り切り、昼に演奏会を開いてくれました。その他ギターやピアノの演奏もあり、それなりの盛り上がりもあり、楽しい時間をすごせました。

なにか気になる楽器があれば、大人向けの音楽教室に通って習ってみるのもよいでしょう。

サックスは吹く際にしっかりと空気が入らなければならず、初心者にとっては難しい楽器です。しかし、音楽スクールなどで習うことが可能です。