車検を受けるときによく耳にする『指定工場』と『認定工場』の違いについて

指定工場の主な特徴は?

指定工場は、陸運局に代わって車検を行うことが許可された整備工場のことを指します。『民間車検場』と呼ばれていることもありますね。新たな車検証の発行以外の一連の流れをすべて自社で完結させることができるのが最大の特徴です。ディーラーや車検を専門で行っているチェーン店などはほとんどが指定工場で、納車までのスピードが速いということがユーザー側から見たときのメリットになります。また、指定工場になるためには国が定めた厳しい検査基準を突破しなくてはいけないため、整備担当者は国家資格を持った方が多いですし万が一、検査基準を満たしていない車を車検に合格させていた場合には営業停止などの行政処分が下されますので、陸運局よりも厳しめに検査を行っている傾向にあります。

一方、認証工場はと言うと?

認定工場は、車検を通過するための整備を自社で行った後、陸運局に持ち込んで車検を受けている整備工場のことを指しています。つまり、車の整備や修理を行うことは可能ですが自社で出来るのはそこまでで、車検自体は陸運局で行っているのです。このような理由により、納車までの時間は指定工場には敵いませんが、費用は指定工場よりも安く抑えることができる可能性が高いと言えます。ガソリンスタンドで車検を受け付けている店舗などはほぼ間違いなくこの認証工場と呼ばれている形態ですね。

ユーザーにメリットが多いのはどっちの工場?

この疑問に関しては、一概にどちらの方が良いとは言えません。融通が効きやすいのは認証工場でしょうが、素早さをとると指定工場に軍配が上がります。それぞれの特徴を把握し、その時々の自分のニーズに合わせて車検を受ける工場を選ぶことをおすすめします。

車検の費用がお得になるキャンペーンを行う会社がありますが、車検後のメンテナンス費用として高額の請求があるケースも報告されているので注意が必要です。