ユーザー車検利用者必見!?車検の注意ポイントはこれだ!

ユーザー車検を利用すれば個人で車検が受験できる

自動車を所有していれば、車検の時期が近づくと憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。車検費用は馬鹿に出来ない金額になる事がほとんどですよね。普通車であれば数十万円にのぼることもしばしば。そんな高額な車検費用に悩まされている方にはユーザー車検制度の利用がおすすめです。自動車検査は最寄の陸運局で実施されていますが、その車検を個人で受験する制度がユーザー車検制度です。事前に予約さえしておけば、車検を受験した事がない方でも簡単に受験できます。

受験する自動車と、受験手数料と自動車重量税と自賠責保険料があれば受験可能です。申請用紙等は全て陸運局で手に入りますので安心です。この制度を利用すれば、車検費用をかなり抑える事ができます。

車検受験の注意点はこれだ

自動車検査は最寄の陸運局に設置されたテスター等を使い、検査員が検査を行います。その際の自動車の操作は自分で行います。初めての受験であれば、スタッフが横に付いて親切に教えてもらえるので安心です。もちろんですが、受験しただけでは車検に合格できません。車検の合格基準に達していないともちろん車検には合格できません。ですから車検の受験前には、最低でも自動車に付いているウインカーやヘッドライトやブレーキランプなどの電球の球切れ等はしっかりとチェックしておきましょう。全ての検査に合格しなければ車検には合格できませんが、もし不合格となった項目があっても、その部分だけ合格基準になるように整備をして再検査を受ける事もできます。その際は、最寄の整備工場で整備を依頼しましょう。

車検が切れたらすぐに専門のディーラーや整備業者などに持ち込まなければならないです。軽自動車は普通車と比べて車検費用は安いです。