車検費用で悩むな!ユーザー車検で浮く費用は高が知れている

ユーザー車検は工賃分が御得

車が安全であるかどうかを検査する車検は、ディーラーに限らずガソリンスタンドでも受けることが可能です。車検で悩むのは料金、ディーラーには全車種に対応する検査装置等が完備されているため、車検費用は高くつく傾向にあります。ガソリンスタンドには検査装置が完備されていないため、車検を行う場所へ移動する必要があり、その分の工賃は発生します。ディーラーでもガソリンスタンドでも工賃が発生、自身で車検を受ければ工賃分を抑えることが可能です。自動車整備などの資格を持たない者が車検を受けるには、車を陸運支局に持ち込むユーザー車検が御得です。

ユーザー車検でも日当以上の特はない

陸運支局は各県に2箇所程あり、ユーザー自ら車を持ち込めば格安車検を謳っているとこより安く済みます。車検に合格するにはテクニックが必要、そのテクニックを数千円程で教えている業者もあります。テクニックを修得出来れば、次回以降の車検は陸運支局に支払う手数料と税金のみで済みます。違法な改造をしていると業者には持ち込めないため、正常な状態に戻す必要があります。民間車検場は、本来、陸運支局が行う業務を代行しているため、車検を行う自動車検査員はみなし公務員、違法な車検に加担すると不正な検査を要求した側も厳しく罰せられます。ユーザー車検は、ドライブついでに受ければ御得ですが、わざわざ仕事を休んでも日当以上に特になることはなく、サラリーマンであれば近場の民間車検場へ依頼することが費用と時間の節約になります。

車検の料金をなるべく節約するために、大手のカーディーラーやガソリンスタンドなどにおける手続きの取り方を理解することが肝心です。