ピアノの種類は様々!選ぶ前に押さえるべきポイント

目的に応じて種類を選びましょう

ピアノの種類は、練習用やコンサート用など様々です。メーカーや種類によって、見た目だけでなく音色や鍵盤のタッチも異なります。ピアノを購入する際には、まず使用目的を明確にしましょう。コンクールなどでは、スタンウェイなどの有名なメーカーのグランドピアノが使われています。スタンウェイは世界でも有名なピアノの老舗メーカーですが、アップライトからグランドまで種類も豊富です。グランドピアノにも、練習用の小さなタイプからコンサート用の大きなタイプまで様々なサイズがあります。大きなサイズは音色も良いと言われますが、家で使う場合は音が大きいので防音室が必要です。ピアノ自体の重さもあるので、木造一軒家の場合は事前に重い物を置いて大丈夫な場所を確認します。ピアノを選ぶ際には、目的だけでなく置く場所を考慮することも大切です。

グランドピアノと上級機種のアップライトピアノ

ピアノの種類は大きく分けると、アップライトとグランドに分かれます。家庭ではアップライトタイプがコンパクト好まれますが、音大受験など本格的に練習をしたい場合はグランドの方がおすすめです。アップライトとグランドでは、内部構造が異なりピアノの弦をハンマーが一秒間に連打できる回数が異なります。様々な曲を弾きこなしたい時は、グランドの方が好まれる理由です。スペースの問題でアップライトしか購入できない場合は、アップライトの上級機種が良いでしょう。上級機種の場合、性能はグランドピアノにかなり近づきますし、小さなグランドピアノより音が良い場合もあります。

スタインウェイは1853年に創業したピアノ製造会社で、アメリカのニューヨークに米国本社が、ドイツのハンブルグに欧州本社があります。